子どもにはオプションのある人生を送って欲しい【校長×先生】荒木博行さん③ -

子どもにはオプションのある人生を送って欲しい【校長×先生】荒木博行さん③

2019.6.26

みらいスクール校長の菅野と教育の知見の深い方々との、教育をテーマにした様々な対談をご紹介していきます。育児や教育へのヒントになれば幸いです。 

 
今回は、ギフテ!の思考力を鍛える体験の先生、荒木博行さんです。
 
この記事はこちらの続きです

ビジネススクールで学ぶことをもっと身近に【校長×先生】荒木博行さん①

思考を視覚化できると一生の武器になる【校長×先生】荒木博行さん②


 
 

オプションのある人生を

菅野

荒木さんのおっしゃる「ちゃんと考えて答えを出す力」は子ども時代に身に付けてほしいなとホント思います。大人になれば、結婚や就職とか重大な意思決定にせまられますからね。
 

荒木

今の大人を見ていても、自分自身の棚卸ができていない人が多いなと思います。
 
自分が本当に何をやりたいか、何を大切にしたいかを考えず、世の中の刺激に反応して生きている。自分の内面と向きあうことをルーティン化している人が少ないですよね。そうするといざ、大きな決断する時に、判断できない人が多い
 
判断軸を持つって実はすごく難しいことです。自分が大切にしていることを上位3つあげてくださいっていきなり聞かれても、日頃から言語化している習慣がないと答えられません。

 

菅野

「刺激に反応して生きている」というのはよくわかります。今の子どもは恵まれているけど、その反面、世の中の刺激に流されてしまう子も多い。
 

荒木

就職活動のときに悩む子も多いですよね。大学4年間、何をしても自由だけど、一つことを追い続けていると応用がきかない。
 
例えば「ベンチプレスで100キロ持ち上げることが楽しい」だけだと、就職先選びにはいかせないわけです。そんな仕事ないから。
 
「100キロ上げることの本質は何なの?」という哲学的な問いを挟むルーティンがあるか、ないかで変わってくると思います。だけど、今はそんな事を考えなくても生きていけますよね。

 

菅野

親は子どもに「自分らしく生きてほしい」とか「周りの人を笑顔にしてほしい」と願うけど、じゃあ感情に赴くままに生きていけばいいのか、というとそうじゃない。

 

荒木

僕は子どもたちと「豊かな人生ってなんだ?」という話をよくします。
 
家庭の中で一致している答えは「オプションのある人生」。例えば「この会社で働く以外選択肢がない」、というのは息苦しいし、全然豊かじゃない。「これしかない」じゃなくて、常にオプションがある人生を生きてほしい、と伝えています。
 
それに必要なのはオプションを常に考えられる思考力と、オプションを選べる実力を身に付けること
 
僕のお薦めの本に『それしか ないわけ ないでしょう』というヨシタケシンスケさんの書いた絵本があります。大人は「未来はこうなる」と一つしか答えがないような言い方をするけど、こんな未来だって、あんな未来だってあるよね、と子どもがどんどん発想を広げていく。あのセンスってすごく大事だと思う。

 

菅野

「これしかないわけない」と思いこまないで、ゆとりをもって、視野を広くもつことで、自分らしさも見えてきますよね。
 
ギフテ!の事業をプレゼンするときは、いつも僕は「子どもの未来につながるきっかけを体験で作っています」と伝えますが、荒木さんの体験は、まさに未来の豊かな人生につながる力に気づく授業だと思います。物質的な豊かさだけじゃなくて。そういうことを今後も伝えていきたいですね。
 
(おわり)
 

荒木さんの体験はこちら

・10/22(火祝)思考のプロフェッショナルが伝授!決める&伝えるコツ<残席わずか>
対談でも話題となった思考力。「考えかたのコツ」を覚え、よりスムーズに的確に「決める」力を高める授業です。

 
・次回開催調整中思考のプロフェッショナルとレベルアップ!作文&表現のコツ
論理的な文章表現(ロジカル・ライティング)を分かりやすく、伝えやすい形で学べます。アウトプット重視の体験でワンランク上の作文能力をゲットしましょう。

 

►この対談は全3回でお届けしました。
 
・第1回 「ビジネススクールで学ぶことをもっと身近に」
・第2回 「思考を視覚化できると一生の武器になる」
・第3回 「子どもにはオプションのある人生を送って欲しい」(今回)

The following two tabs change content below.
まわ

まわ

京都市出身。大学卒業後に出版社を経て広報の道へ。中小企業診断士、販売士一級の資格を保有。最近、趣味で家庭菜園を始め、自分で育てた野菜でサラダを作るのが目標。